chonto
works
information
blog

荻原重秀

荻原重秀。江戸の元禄時代、徳川綱吉が将軍の時に活躍した勘定奉行。優れた経済観念を持ち、貨幣改鋳など様々な経済政策を行った。検地や悪徳代官摘発で頭角を現し、若くして勘定吟味役に出世。

元禄時期、商業が発展し、流通貨幣が減少。そこで重秀は金の含有量を減らした小判でデフレーションからの脱却を計り、幕府財政の危機を救うことを提案する。
荻原重秀
[続きを読む]

2015年02月27日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,y御用船帰還せず
タグ: , , , ,