chonto
works
information
blog

桜満開!

水墨画教室での習作。桜満開!桜 墨絵

2017年04月01日 カテゴリー:@my水墨画・墨絵,@my色彩水墨画
タグ: , ,

佐渡奉行所 真壁

佐渡の活気のある港町小木の港街で信次郎たちを迎える真壁(荻原重秀 直属の部下 )
小木の港町
[続きを読む]

2015年02月23日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,y御用船帰還せず
タグ: , , ,

江戸の風景

元禄時代、平和の続く江戸では商業が発達し、活気に溢れていた。
日本橋の様子
日本橋
[続きを読む]

2015年02月20日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,y御用船帰還せず
タグ: , , , , ,

農村の風景

農村で検地を行う荻原重秀
検地
農村で聞き込み。行商の姿をした信次郎
農村

2015年02月19日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,y御用船帰還せず
タグ: , , ,

佐渡の風景

元禄時代、荻原重秀は佐渡金山再生のため、佐渡奉行に任命され渡海。
棚田と金北山
棚田と金北山
[続きを読む]

2015年02月18日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,y御用船帰還せず
タグ: , , , , , , ,

馬のいる景色

街道を馬で走る馬 駆ける
[続きを読む]

2015年02月12日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,y御用船帰還せず
タグ: , , ,

「霧雨 廣瀬淡窓日録」(葉室麟 著)

PHP文蔵「霧雨 廣瀬淡窓日録」(葉室麟 著)、8回目,9回目のトビラ絵。
8回目は日田の三隅川で久しぶりに妻と船遊びをする淡窓、
sumi_kawaasobi
9回目は大塩中斎の学問所に行き、乱に巻き込まれ、逃れてきた元学生に対して、
淡窓が一緒に代官所に申し出ようと諭してる場面を描きました。bukesyakai

2011年11月09日 カテゴリー:@書籍装画・挿絵,広瀬淡窓
タグ: , , , ,

赤津眞言さん公開レッスン

バイオリン

バロックバイオリンの赤津眞言先生(オランダ在住)公開レッスンが北区で行われた。赤津先生は現在、レ・ザグレモン、コレギウム・デ・デュニスのコンサート・マスター、オーケストラ・ファン・ヴァセナール主宰、ベルギー・レーメンス音楽学校客員教授など、主にバロック音楽の分野で大活躍中の演奏家。
午前から午後まで長時間にもかかわらず、音楽家の情熱あふれる、エネルギッシュなレッスンでした。長年、本場で鍛えぬかれた表現力で明解な指導を展開され、感動の1日を体験。レッスンはバイオリンの他オーボエ、リコーダー、歌などのアンサンブルレッスン形式。私はボイスフルートで参加しました。レッスン後、発表会ではそれぞれの成果を発揮。。できたかなあ。。。赤津先生、チェンバロの酒井絵美子さん、そして参加された皆さん、楽しい音楽の1日をありがとうございました。
図はアンサンブルレッスン会場でのスケッチ&素描。筆ペンまたはミリペン使用。
レッスン バイオリン

2010年11月07日 カテゴリー:音楽
タグ: , ,