chonto
works
information
blog

新選組副長・土方歳三

新選組 土方歳三
日刊ゲンダイ(夕刊紙)「決戦!新選組」連載小説(木下昌輝)の挿絵を担当します。4月3日(月)より4週間連載。テーマは新選組副長・土方歳三。鳥羽伏見、戊辰戦争、そして函館での闘い。よかったら見てくださいね!*昨年11月から半年間、7人の書き手が、月ごとに入れ替わって新選組にまつわる短編を連載。今月でアンカー。
木下昌輝氏は『宇喜多の捨て嫁』でデビュー、『天下一の軽口男』など。

2017年04月04日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵
タグ: , ,

福岡県添田町ガイドブック

福岡県添田町ガイドブック「岩若者」。表紙の佐々木小次郎や、添田町の岩若山に縁ある戦国武将なども描かせていただきました。私の絵を用いて、とっても素敵なデザインで仕上げてくださった福岡のデザイナーKさんに感謝!!
soeta1
若き日の佐々木小次郎を描く。宮本武蔵と巌流島で決闘をしたという佐々木小次郎については、謎が多い。出生年も不明、出身地も山口県説や、九州説もある。そんな佐々木小次郎ですが、今回は九州添田説にのっとり、山伏がいた岩若山の野山で過ごした若き武者修行時代の姿を水墨画で描いてみました。佐々木小次郎

平清盛/岩若山にあった岩若城は清盛が山城を築いたという。平清盛

豊臣秀吉
豊臣秀吉

芥田悪六兵衛
芥田悪六兵衛

細川忠興
細川忠興

2016年04月06日 カテゴリー:@パンフ・雑誌
タグ: , , , , ,

三国志

青山ワンセグ開発「三国志ちゃん」でのイントロ挿絵。
第1話「三国志 桃園の誓い」 劉備 関羽 張飛

三国志桃園の誓い

第2話「三国志  黄巾の乱」 馬 戦闘

三国志黄巾の乱

 

 

2013年10月15日 カテゴリー:@TV / メディア
タグ: ,

リコーダー野崎剛右x 水墨画CHONTO

6/2(日)のイベント。渡邊ちょんと個展にて、リコーダー奏者の野崎剛右氏との即興コラボレーションで戦国騎馬隊の突入場面を描きました。侍と馬。ライブでの絵は遠方からも駆けつけてくださったたくさんの友人、知人、初めてのお客様たちのとのコラボレーションでもあり、一緒に作り上げた一枚です。ご来場ありがとうございました!!
野崎氏は様々な笛を使ってました。普通に演奏するだけでなく、
あんな技もあるのかと思うような笛の指穴や声も使ったりして、馬の駆け抜ける様子をいろいろな音で表現していました。凄かったです。私も描いていて、とても楽しい約30分間のコラボレーションでした!!
 このイベントは友人の写真家、渡邊聡氏が開いたギャラリーきいろろ聡明堂」のオープン記念ライブで行いました。馬が9匹で「うまくいく」です!開店おめでとうございます。

この日、見に来ていただいた友人のUさんがこれにちなんで素敵な俳句を作ってくれました!近くの都電荒川線の車窓に夏らしい 赤白の立葵がみごとだったそうです。

うまくいく わかきふえのね たちあおい

個展のほうは9日(日)までやってます。ライブで描いたこの絵も展示中ですので、どうぞお気軽に見に来てくださいね。最終日の9日(日)は私と仲間たちでリコーダーやハープなど古楽器での小さな演奏会をします(無料)。14-16世紀の音楽を中心に演奏します。こちらもよろしくお願いします!

ライブペイント水墨画馬武将

umakuiku2
photo:T. Komi
postcard_design

2013年06月04日 カテゴリー:@live_ライブペイント,結果報告
タグ: , ,

可児才蔵_わが槍に捧ぐ

連載小説「わが槍を捧ぐ」(鈴木英治著;学芸通信社)が福島新聞、神奈川新聞など地方新聞にて2012-2013年に掲載され、その挿絵を水墨画の渡邊ちょんとが担当させていただきました。安土桃山時代、槍の使い手で名をはせた戦国武将、可児才蔵(かにさいぞう)が主人公の時代小説です。

sengoku_b1
笹の才蔵という異名をもつ戦国武将。美濃可児郡に生まれ
斎藤龍興、明智光秀、柴田勝家、羽柴秀次、そして福島正則に仕えました。
関ヶ原本戦では敵兵の首を数多く取り、家康から賞賛されたといいます。
a2
才蔵の若武者時代 美濃の斎藤龍興の家臣となる。a4
稲葉城は山城、裾野には城下町が広がっていた。
[続きを読む]

2013年04月05日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,z我が槍を捧ぐ
タグ: , , , ,

真田幸村 夏の陣

真田幸村
連載小説「真田幸村連戦記 華は散れども」(海道龍一朗著/青春と読書/集英社)の最終回、夏の陣の挿絵。真田幸村が家康陣営にいざ、挑まんとしている場面を、思いをこめて描きました。

2012年03月06日 カテゴリー:@書籍装画・挿絵,真田幸村
タグ: , , , , ,

真田幸村_大阪城での作戦会議後

後藤又兵衛
連載小説「真田幸村連戦記 華は散れども」(海道龍一朗著;「青春と読書」集英社)、21回目のトビラ絵は再戦(夏の陣)に向けての豊臣軍の評定後、懇談しながら城を後にする真田幸村と後藤又兵衛を描きました。

2011年12月10日 カテゴリー:@書籍装画・挿絵,真田幸村
タグ: , , ,

真田幸村_冬の陣;開戦

yukimura
連載小説「真田幸村連戦記 華は散れども」(海道龍一朗著;「青春と読書」集英社)、18回目のトビラ絵は大阪、冬の陣の開戦の様子を描きました。真田丸での攻防が功を奏し、徳川群に大きなダメージを与えました。絵は幸村が敵群に向かって、部下を率いて出てゆく場面。柵の向こうに敵軍の軍勢が見えます。

2011年09月08日 カテゴリー:@書籍装画・挿絵,真田幸村
タグ: , , , ,