chonto
works
information
blog

All images Copyright CHONTO Watanabe

このホームページに展示されている作品は、すべて渡邊ちょんとの著作物です。

無断転載、無断使用など一切を禁止します。発見した場合は直ちに法的措置を取ります。

**All images Copyright CHONTO Watanabe. All rights reserved. No part of this website may be reproduced, transmitted in any form or by any means, electronic or mechanical, including downloading, photocopy, recording, or any information storage and retrieval system, without permission in writing from CHONTO Watanabe.

2015年08月14日 カテゴリー:@my水墨画・墨絵

「神の音 」樋野達夫先生

1
「神の音 ~天へとたちのぼる龍笛の韻き~」
樋野達夫先生(島根県出雲市に住む日本の笛の製作家、演奏家)から冊子が贈られて来た。東芝国際交流財団の日本文化紹介事業の一環による冊子制作のもの。樋野先生の独力での長い民族音楽研究と哲学を凝縮した素晴らしい内容である。

出雲という神様の存在が身近に感じられる土地柄。民族音楽とは人ではなく神様に伝える音楽だという。神様が見ているのは完成度の高い音楽ではなくそのプロセスの方、すなわち生き様が大切だと序文で語っている。その中の一文
「音で想いを伝え、音に心を傾ける。そこに集う演奏者同士、息を合わせ、その空間の間を感じながら、人のつながり、絆を深めていくのです」

コロナ禍で人との交流もままならず、凹みがちな毎日を送る私にとって、音楽は唯一の心の支え、励みとなっている。そんな中のこの冊子のプレゼント、とても勇気をいただいた。

この冊子内容は英語のみインターネットで全文見れます。
https://doc.japan-insights.jp/pdf/JIN_TOPIC_20200418214215.pdf

島根の美しい自然の映像も見れます。
https://topics.japan-insights.jp/#swordsbellsdragonsmyths

また島根に行って、樋野先生にお会いしたいなあ。
2014年8月に八重垣神社(島根県)で私の水墨画と樋野先生の笛でコラボレーション

2020年06月26日 カテゴリー:文化・芸術

日本茶の本

装画の仕事ご報告
「大井川連環の譜-知られざる近代日本茶の物語-」西野真著(幻冬舎)
出版年月日: 2020/2/25
大井川連環の譜

茶畑

2020年05月09日 カテゴリー:@書籍装画・挿絵
タグ:

謹賀新年2020 子年

nezumi
あけましておめでとうございます!!今年も皆様と共に、良き年でありますよう心からお祈りいたします。

2020年01月01日 カテゴリー:@my色彩水墨画
タグ: , , ,

明智光秀公絵巻

akechimituhide1
トッパン・フォームズ株式会社制作の「明智光秀公絵巻」が京都府亀岡市に寄贈されました!私の水墨画(8枚)をフィーチャーして作成。デザインもとても素晴らしく感激です。来年の大河ドラマを記念して、光秀公縁の亀山城のあった亀岡市に贈られました。

2019年12月24日 カテゴリー:@TV / メディア

箱根「右近」牛鍋

ushi_ukon1
牛鍋のお店、箱根「右近」、開店レセプションに招待で行ってきました!私の牛の絵も玄関にあります。こだわりの食材、器、味、そしてインテリア、どれも素晴らしいお店です。お酒も相模の地酒揃えでどれも美味しかった!箱根の駅からだと歩いて20分くらい。近くには天成園(万葉の湯がやってる旅館)もあり、都内からでも日帰りでも泊まりでも充分大丈夫。皆様も箱根に来る際にはぜひ寄ってみてください!https://www.hakone-ukon.jp/

2019年11月18日 カテゴリー:@my水墨画・墨絵,@店舗
タグ:

大和市文化芸術賞

1
この度、大和市から文化芸術賞にて表彰していただきました。大和市で生まれ育った私には身に余る光栄です。画家・イラストレーターとして活動して以来、仕事や付き合いの場で数え切れないほど多くの人たちと出会いました。私に水墨画を指導してくれた師匠、絵の仕事を依頼してくださった取引先の方々、様々な場所での水墨画パフォーマンスで素晴らしいコラボレーションをしてくださった音楽家の皆様、励ましてくれた友人たち、そしていつも私を優しく見守ってくれた両親。今自分があるのは、その人たちのお蔭だと思っております。しかし、画家としてはまだ道半ばです。これからも人との絆を大切にし、ますます努力精進していきたいと思っております。最後に、このような晴れがましい機会を与えていただいた大和市長そして大和市役所文化振興課の皆様に御礼申し上げます。

2019年10月28日 カテゴリー:文化・芸術

UNKNOWN ASIA2019

unknownasia2019
Anknown Asia 0saka 2019のアートイベントに参加しました。いろいろな国からも素敵なアーティストが参加。そして沢山の一般のお客様が観に来てくださいました。嬉しいお言葉ばかり頂き、勇気をいただけました。ここは若い人が多いアートイベント。私も初心を思い出しながら楽しみました。お客様、出展者、スタッフの皆さまありがとうございました!10月26-27日 at GRAND FRONT OSAKA

2019年10月27日 カテゴリー:@exhib_展覧会・展示会,結果報告

10月20日「日本のうた物語」蕨市立文化ホールくるる

蕨市のくるるホールでの「日本のうた物語」演奏会、予想を上回るお客様で大盛況。本当に素晴らしい舞台でした。企画の和泉聡子さん(ソプラノ歌手)のご尽力に脱帽。このメンバーで一緒に出来て、最高に面白かったです!!!またどこかで再演を約束しました。この日足を運んでくださったお客様そして共演者及びスタッフの皆様、ありがとうございました。(写真は本番前出演者全員、舞台はリハーサル時)

音楽劇 蜘蛛の糸(芥川龍之介作 木下牧子作曲)

2019年10月20日(日)  蕨市立文化ホールくるる
演目 蜘蛛の糸》 作曲 木下牧子
ソプラノ・朗読 和泉聰子/クラリネット 小林利彰/ピアノ 藤岡由記
パントマイム 鷲田実土里/水墨画(背景画) 渡邊ちょんと
杜子春》 薩摩琵琶 川嶋信子(作曲/演奏) 初演
01   02*チラシデザイン/渡邊ちょんと

*日本の物語に語りや歌をつけた作品を演奏する『日本のうた物語』(企画 和泉聰子)。芥川龍之介の作品から「蜘蛛の糸」(木下牧子作曲)と「杜子春」(川嶋信子作曲)を上演。私は背景画を担当。「蜘蛛の糸」では水墨画20枚を描き、これで本番スライドショーを構成しました。「杜子春」もこれとは別に水墨画を描いて4枚のスライドに。当日は素晴らしい楽曲と演奏、そしてパントマイムに私も感動しました。
蜘蛛の糸 水墨画
蜘蛛の糸フォトブックがも作成しました。スライドショーでの全部の絵を掲載。演奏会後限定販売。蜘蛛の糸

2019年10月20日 カテゴリー:@舞台/映像,design_デザイン