chonto
works
information
blog

塞王の楯 挿絵

今村翔吾先生の新連載「塞王の楯」(小説すばる、集英社)の挿絵。8月号から。この物語にピッタリとくる素敵な題字は豊橋のデザイン書道家、鈴木愛先生。絵と並んでも良い感じで素晴らしい!戦国時代、城造りの要である石垣の職人、穴太衆のお話。初回から物語にグッと中に引き込まれるスピード感!今村翔吾先生は新進気鋭ながら今や飛ぶ鳥を落とすがごとくご活躍中の人気作家。この先がとても楽しみです。‬
saiou2
saiou1

2019年08月21日 カテゴリー:@書籍装画・挿絵
タグ: ,

山里丸茶室

茶室 水墨画
大坂城、山里丸の草庵茶室豊臣秀吉が千利休に作らせた山里丸。こんなところで風流にお茶を飲んでみたい。
船上茶事
秀吉のために船上で茶事する千宗易。琵琶湖を渡る。
箱崎_茶室
秀吉の九州攻めが完了し、箱崎で茶事をする千利休。海が見える眺めの良い茶室だのう!!

2019年03月06日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,w茶聖
タグ: , ,

赤神諒氏の時代小説書籍装画

suizo_akagami
sinyu_akagami
赤神諒先生の時代小説新刊、単行本『酔象の流儀 朝倉盛衰記』&文庫本『神遊の城』(共に講談社)、
全国書店で発売中です!カバー担当いたしました。デザインが秀逸で絵も喜んでます!
『酔象の流儀』は戦国大名、越前の朝倉善景に仕える武将、山崎善家が主人公。普段は石仏を作っているような寡黙で優しい人柄、しかし戦になると知力徳力そして豪力で敵を圧倒。仲間が次々に謀っても、善家は最後まで命に代えても主家、朝倉家に仕える武士の鑑。カバーはその最後の闘いに臨む山崎善家の壮絶な姿を描きました。
『神遊の城』は室町時代、応仁の乱後の足利第九代将軍義尚の時代が舞台。そこで活躍する甲賀忍者たちのジェットコースターストーリー。伏線の張り方やめくるめく展開が面白く、驚きがいっぱい!!一気に読んでしまいます。カバーは主人公の男前な三郎兵衛と彼を慕うお喬の姿。

2018年12月26日 カテゴリー:@書籍装画・挿絵
タグ: ,

ダークヒーロー

雑誌PEN+(cccメディアハウス)「ダークヒーローの時代」内での武将イラストレーション。
墨絵による平将門、織田信長、源義経、武田信玄、松永秀久、細川政元そして後醍醐天皇。
雑誌では映画「ヴェノム」を特集(マーベルコミックスの人気キャラクター)
nobunaga
masakado
水墨画(墨絵)イラスト作成中の写真。画仙紙。墨は古梅園。筆は龍枝堂(京都)と豊橋筆。

sumie_samurai

2018年09月27日 カテゴリー:@パンフ・雑誌
タグ: ,

馬 戦国武将 墨絵

島津義弘

島津義弘

佐々成政

佐々成政

gamouujisato
蒲生氏郷

2018年08月22日 カテゴリー:@my水墨画・墨絵,w茶聖
タグ: , ,

安土桃山時代

戦国武将 真田昌幸の思惑
真田 墨絵
大阪城 高野山 秀吉
大阪城 高野山 秀吉
戦国武将 高山右近とバテレン
高山右近とバテレン
箱崎 茶室
箱崎 茶室
韮山城攻略失敗
samurai_sengoku

2018年06月24日 カテゴリー:w茶聖
タグ: ,

「茶聖」 千利休と豊臣秀吉

伊東潤先生の連載小説「茶聖」4月2日から夕刊フジでもスタートです。
→zakzak by 夕刊フジの関連記事
私も挿絵で頑張ります。皆様宜しくお願いします。
千利休 茶聖
絵はバテレン(宣教師)を茶室に招いての懇談の場面。豊臣秀吉。千利休。

2018年04月03日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,w茶聖
タグ:

墨絵 戦国イラスト 

sumie_sengoku
戦国時代のイラスト。墨絵(水墨画)
徳川家康 三河一向一揆
徳川家康
森長可 清須城攻め
森長可

2018年02月27日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,w茶聖
タグ: ,