chonto
works
information
blog

連載小説「茶聖」夕刊フジにも連載!

伊東潤先生の連載小説「茶聖」4月2日から夕刊フジでもスタートです。
→zakzak by 夕刊フジの関連記事
私も挿絵で頑張ります。皆様宜しくお願いします。
千利休 茶聖

2018年04月03日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,w茶聖
タグ:

墨絵 戦国イラスト 

sumie_sengoku
戦国時代のイラスト。墨絵(水墨画)

2018年02月27日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,w茶聖
タグ: ,

新聞連載小説「茶聖」

連載小説「茶聖」(伊東潤著;幻冬舎)が山口新聞、神奈川新聞など地方新聞にて2017年末より順次掲載。夕刊フジでも2018年4月より連載。その挿絵を水墨画の渡邊ちょんとが担当させていただきます。日本の伝統的な文化が世界各国で興味を集めている現代。千利休は室町から安土桃山時代に活躍した第一級の文化人であり、その礎を作った一人。その人物の生き様に迫る、伊東先生執筆の本作挿絵を描かせていただけること、大変光栄です。誠心誠意、筆を揮いますので、皆様宜しくお願いします。111
メインビジュアル
墨絵千利休と秀吉

2017年11月29日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,w茶聖
タグ: , ,

小谷城陥落

NHK BS プレミアム「絶景!山城トレッキング」用挿絵 戦国武将 墨絵
浅井長政 墨絵
1573年、織田信長に攻められて小谷城は陥落寸前。浅井長政は妻子に別れを告げる。
お市 墨絵
お市の方と3姉妹が城を後にする。見送る浅井長政。
お茶々 墨絵
織田方の家来に育てられたその後の浅井三姉妹、歌を作るお茶々。貝遊びの初、江。

2017年11月05日 カテゴリー:@TV / メディア
タグ: , ,

福岡県添田町ガイドブック

福岡県添田町ガイドブック「岩若者」。表紙の佐々木小次郎や、添田町の岩若山に縁ある戦国武将なども描かせていただきました。私の絵を用いて、とっても素敵なデザインで仕上げてくださった福岡のデザイナーKさんに感謝!!
soeta1
若き日の佐々木小次郎を描く。宮本武蔵と巌流島で決闘をしたという佐々木小次郎については、謎が多い。出生年も不明、出身地も山口県説や、九州説もある。そんな佐々木小次郎ですが、今回は九州添田説にのっとり、山伏がいた岩若山の野山で過ごした若き武者修行時代の姿を水墨画で描いてみました。佐々木小次郎

平清盛/岩若山にあった岩若城は清盛が山城を築いたという。平清盛

芥田悪六兵衛
芥田悪六兵衛

細川忠興
細川忠興

2016年04月06日 カテゴリー:@パンフ・雑誌
タグ: , , , ,

信長の言葉_単行本装画

新訳「信長の言葉」 童門冬二著(KADOKAWA)の装画を担当しました。デザインは文京図案室。
nobunagakotoba
織田信長 水墨画で描いた元の絵
織田信長nobunaga12

2014年11月06日 カテゴリー:@書籍装画・挿絵,その他
タグ:

千利休 切腹の謎

BS日テレ 木曜スペシャル 「船越英一郎の京都謎紀行」
番組用挿絵を担当しました!(千利休切腹の謎)
秀吉の逆鱗に触れてしまった利休はついに切腹を賜る。その理由は。。。利休切腹
[続きを読む]

2014年04月05日 カテゴリー:@TV / メディア
タグ: ,

千 利休 (茶人)

別冊宝島2095 千利休のための挿絵 水墨画(墨絵)イラスト 茶人 戦国武将 安土桃山

千利休と織田信長
利休と織田信長

千利休と秀吉

千利休と秀吉

徳川家康

徳川家康

石田三成

石田三成

松永久秀

松永久秀(松永弾正) [続きを読む]

2013年11月15日 カテゴリー:@パンフ・雑誌
タグ: ,