chonto
works
information
blog

安土桃山時代

戦国武将 真田昌幸の思惑
真田 墨絵
大阪城 高野山 秀吉
大阪城 高野山 秀吉
戦国武将 高山右近とバテレン
高山右近とバテレン
箱崎 茶室
箱崎 茶室
韮山城攻略失敗
samurai_sengoku

2018年06月24日 カテゴリー:w茶聖
タグ: ,

連載小説「茶聖」夕刊フジにも連載!

伊東潤先生の連載小説「茶聖」4月2日から夕刊フジでもスタートです。
→zakzak by 夕刊フジの関連記事
私も挿絵で頑張ります。皆様宜しくお願いします。
千利休 茶聖

2018年04月03日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,w茶聖
タグ:

墨絵 戦国イラスト 

sumie_sengoku
戦国時代のイラスト。墨絵(水墨画)

2018年02月27日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,w茶聖
タグ: ,

新聞連載小説「茶聖」

連載小説「茶聖」(伊東潤著;幻冬舎)が山口新聞、神奈川新聞など地方新聞にて2017年末より順次掲載。夕刊フジでも2018年4月より連載。その挿絵を水墨画の渡邊ちょんとが担当させていただきます。日本の伝統的な文化が世界各国で興味を集めている現代。千利休は室町から安土桃山時代に活躍した第一級の文化人であり、その礎を作った一人。その人物の生き様に迫る、伊東先生執筆の本作挿絵を描かせていただけること、大変光栄です。誠心誠意、筆を揮いますので、皆様宜しくお願いします。111
メインビジュアル
墨絵千利休と秀吉

2017年11月29日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,w茶聖
タグ: , ,

新選組副長・土方歳三

墨絵 新選組 土方歳三
日刊ゲンダイ(夕刊紙)「決戦!新選組」連載小説(木下昌輝)の挿絵を担当します。4月3日(月)より4週間連載。テーマは新選組副長・土方歳三。鳥羽伏見、戊辰戦争、そして函館での闘い。よかったら見てくださいね!*昨年11月から半年間、7人の書き手が、月ごとに入れ替わって新選組にまつわる短編を連載。今月でアンカー。
木下昌輝氏は『宇喜多の捨て嫁』でデビュー、『天下一の軽口男』など。
墨絵新選組墨絵 幕末 新撰組 明治維新

2017年04月04日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,x決戦!新選組
タグ: ,

新聞小説挿絵

相場英雄氏の連載小説「御用船帰還せず」((株)ネットワーク/幻冬舎)が2014年7月より約半年間、地方新聞で随時連載されました。私は挿絵を担当させていただきました。
元禄時代、江戸の文化が華やぐ頃の勘定奉行、荻原重秀らを主役とした幕府財政に関わるお話です。読者の皆様と共に私もハラハラしながら描いていました。
相場先生、担当編集者の皆様、各新聞社様、そして読者の皆様、半年間ありがとうございました!!

写真の静岡新聞の他に山陽新聞、新潟日報、熊本日日新聞、大分合同新聞、徳島新聞、佐賀新聞、日本海新聞、大阪日日新聞、信濃毎日新聞、デイリー東北新聞、愛媛新聞、秋田魁新報、神戸新聞など他多数掲載。
a_2

2015年02月28日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,y御用船帰還せず

隠密組織 微行組 

「御用船帰還せず」(相場英雄著)。綱吉の時代、勘定奉行 荻原重秀は窮迫する幕府の財政の建て直しを図るため、密かに自分の隠密組織「微行組」を結成。重秀の野望を影でささえる。
隠密 廻船
[続きを読む]

2015年02月27日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,y御用船帰還せず
タグ: , ,

荻原重秀

荻原重秀。江戸の元禄時代、徳川綱吉が将軍の時に活躍した勘定奉行。優れた経済観念を持ち、貨幣改鋳など様々な経済政策を行った。検地や悪徳代官摘発で頭角を現し、若くして勘定吟味役に出世。

元禄時期、商業が発展し、流通貨幣が減少。そこで重秀は金の含有量を減らした小判でデフレーションからの脱却を計り、幕府財政の危機を救うことを提案する。
荻原重秀
[続きを読む]

2015年02月27日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,y御用船帰還せず
タグ: , , ,