chonto
works
information
blog

蜘蛛の糸 

地獄図 蜘蛛の糸 水墨画
地獄図蜘蛛の糸
お釈迦様と蓮お釈迦様と蓮
お釈迦様
お釈迦様 蜘蛛の糸

蜘蛛の糸
蜘蛛の糸

*日本の物語に語りや歌をつけた作品を演奏する『日本のうた物語』(企画 和泉聰子)。芥川龍之介の作品から「蜘蛛の糸」(木下牧子作曲)と「杜子春」(川嶋信子作曲)を上演。私は背景画を担当。「蜘蛛の糸」では水墨画20枚を描き、これで本番スライドショーを構成しました。「杜子春」もこれとは別に水墨画を描いて4枚のスライドに。当日は素晴らしい楽曲と演奏、そしてパントマイムに私も感動しました。

2019年10月21日 カテゴリー:@my水墨画・墨絵
タグ: , , , ,

10月20日「日本のうた物語」蕨市立文化ホールくるる

蕨市のくるるホールでの「日本のうた物語」演奏会、予想を上回るお客様で大盛況。本当に素晴らしい舞台でした。企画の和泉聡子さん(ソプラノ歌手)のご尽力に脱帽。このメンバーで一緒に出来て、最高に面白かったです!!!またどこかで再演を約束しました。この日足を運んでくださったお客様そして共演者及びスタッフの皆様、ありがとうございました。(写真は本番前出演者全員、舞台はリハーサル時)

音楽劇 蜘蛛の糸(芥川龍之介作 木下牧子作曲)

2019年10月20日(日)  蕨市立文化ホールくるる
演目 蜘蛛の糸》 作曲 木下牧子
ソプラノ・朗読 和泉聰子/クラリネット 小林利彰/ピアノ 藤岡由記
パントマイム 鷲田実土里/水墨画(背景画) 渡邊ちょんと
杜子春》 薩摩琵琶 川嶋信子(作曲/演奏) 初演
01   02*チラシデザイン/渡邊ちょんと

*日本の物語に語りや歌をつけた作品を演奏する『日本のうた物語』(企画 和泉聰子)。芥川龍之介の作品から「蜘蛛の糸」(木下牧子作曲)と「杜子春」(川嶋信子作曲)を上演。私は背景画を担当。「蜘蛛の糸」では水墨画20枚を描き、これで本番スライドショーを構成しました。「杜子春」もこれとは別に水墨画を描いて4枚のスライドに。当日は素晴らしい楽曲と演奏、そしてパントマイムに私も感動しました。
蜘蛛の糸 水墨画
蜘蛛の糸フォトブックがも作成しました。スライドショーでの全部の絵を掲載。演奏会後限定販売。蜘蛛の糸

2019年10月20日 カテゴリー:@舞台/映像,design_デザイン

台風19号「ハギビス」

先日の大型台風19号、家のほうはどうにか無事でしのげました。しかし、今回の台風は日本各地、広範囲に甚大な被害をもたらし、今もなお、浸水被害や停電が続く地域が多数あります。 私の地元、神奈川県内も例外ではなく箱根町には記録的な大雨による土砂崩れや浸水、それから相模原市、川崎市などにも河川の氾濫や土砂崩れなど相当な被害が出てしまいました。また、千曲川、阿武隈川、久慈川流域の惨状を報道で見るたび、また報道されてない地域でもSNSなどで情報を目にするたびに心が痛みます。被害に遭われた方々へは、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。健やかな生活と美しい風景がまた元にもどりますように。。。。

2019年10月17日 カテゴリー:徒然

龍の絵

龍,水墨画,墨絵
某単行本装画のためにデザイン会社の要求に答えて創作した龍の絵の数々。作者の意を汲み熱意を込めて描きました。龍 水墨画 墨絵

2019年10月08日 カテゴリー:徒然
タグ:

伊藤昌先生個展

伊藤昌先生の個展に行ってきました!(小津ギャラリー、日本橋)。どの作品も部屋の壁に飾りたいと思うようなハイセンスな水墨画。人気の水墨画家だけあって平日でもギャラリー内は盛況でした。技法についてや紙、硯なども含め、いろいろとお話しをして下さり、とても有意義で楽しかったです。また会場で同じく水墨画家の松井陽水先生ともお会いできました。おかげで、伊藤先生や松井先生の水墨画の技法書作成時の秘話(かなりハードワーク笑)も聞くことができました。
3
4

2019年09月27日 カテゴリー:文化・芸術

地蔵会茶会

kougou1
この写真は、招待された群馬でのお茶会でいただいた割香合。これは南都、東大寺の貴重な古木で仏師の渡辺黙知先生が作ったもの。花押は法華寺(聖武天皇の妃、光明皇后が開いた寺)のご門主様。
本格的なお茶会は初体験でしたが、とても楽しく、貴重な経験をさせていただきました。昨年一年間、新聞小説で伊東潤先生の「茶聖」の挿絵をやって、群馬の上毛新聞にも掲載されました。茶道の無径会を主催する今井睦子先生が茶聖の絵がとても良かったということで今回、「茶聖」の挿絵担当だった私と編集者の2人を茶会にご招待していただきました。茶道の先生たちにも絵を気に入っていただけて感激です。群馬で素晴らしい人々との出会い、大変充実した一日でした。一期一会、ありがとうございました!

2019年09月12日 カテゴリー:文化・芸術

根岸嘉一朗先生個展

誰もが憧れる現代水墨画の巨匠、根岸嘉一朗先生の個展を見てきました!(画廊 楽、関内;横浜市)。どれも斬新で美しい墨の筆致、マチエール、風景に感動しました。根岸嘉一朗先生は気さくにお話しもしていただき、優しいお人柄にも感激。
1
2

2019年09月09日 カテゴリー:文化・芸術

愛される芭蕉 奥の細道

小林一先生の単行本「愛される芭蕉 奥の細道」幻冬舎。装画担当しました。絶賛発売中。17文字だけで表現する究極の詩。知れば知るほど面白い俳句は今巷でも大人気です。江戸元禄時代に活躍した俳人、松雄芭蕉。ひとつひとつの句にも味わい深い意味を持つことを初めて知りました。どうぞ宜しくお願いします。
愛される芭蕉 奥の細道
松尾芭蕉イラスト
松尾芭蕉 水墨画 墨絵 イラスト

2019年08月29日 カテゴリー:@書籍装画・挿絵
タグ: ,