chonto
works
information
blog

古事記外伝~スサノオ物語

「古事記外伝~スサノオ物語」(著者:佐草一優 発行所:神話路プロジェクト)の装丁画と挿絵34点を担当。 12/13発売。作者の佐草一優先生は島根にある八重垣神社がご実家の方。なので今まで知ってる古事記では語られてない部分をその家に代々伝わる説から構築。これまでの古事記の定説ではかなり乱暴者として扱われてきたスサノオノミコトが定説の行動の意味が理由付けされ、とても愛情深く、人間的に大変魅力的に書かれた物語です。縁結び八重垣 八重より購入できます。
susanoo_kojiki
スサノオノとツクヨミ
susanoo_tukuyomi
天岩戸の前で踊る、アメウズメ
amanoiwato
スサノオと熊神
kumanojinja
ヤマタノオロチ
yamatanoorochi
アマノムラクモノツルギを高天原に奉納するスサノオ
amenomurakumo
鏡の池の前で、スサノオとクシナダヒメ
kojiki_susanoo

*「古事記外伝スサノオ物語」原画展;2月1日より八重店舗内コミュニティスペースにて挿絵34点を展示。
img_1038
img_1039
「古事記外伝スサノオ物語」出版記念イベント
*八重垣神社奉納ライブアート2012
古事記外伝 スサノオ物語*

日時: 3/17(土) 17:00-18:00 3/18 (日) 14:00-15:00

出演者:音楽 吉澤実(フルート、リコーダー)&吉澤洋治(ギター)水墨画 渡邊ちょんと
場所:八重垣神社境内
主催:(有)我夢プロダクション 神話路プロジェクト
お問合せ先:八重;0852-31-8450/042-710-5688
※観覧無料・雨天決行
*古事記外伝 スサノオ物語
出版記念トークショー*

日本のルーツ、出雲八重垣の地に語り継がれてきた、もうひとつの古事記。今までの古事記の矛盾点を一気に解決。地元ならではの斬新な解釈を加えた、佐草一優渾身の一冊『古事記外伝~スサノオ物語』。その新たなる神話の世界に、生気を吹き込んだのは奇跡の水墨画アーティスト渡邊ちょんと。
お二人が生み出す、神話ロマンの世界に一緒に浸ってみませんか?
日時:3 / 17 (土)18:10 – 19:303 / 18 (日) 15:10 – 16:30
場所:『縁結び八重垣 八重』八重垣神社横
出演者:著者 佐草一優、 水墨画 渡邊ちょんと
入場料:¥1,600 (軽飲食・プレゼント付)
主催:(有)我夢プロダクション 神話路プロジェクト
ご予約・お問合せ:八重;TEL 0852-31-8450 / 042-710-5688
※当日受付も大歓迎!
※雨天決行
<<八重垣神社>>
所在地:島根県松江市佐草町227 松江駅より車:15分  出雲・米子空港より車: 35分
古事記に描かれた日本神話の世界で、素盞嗚尊(スサノオノミコト)が八岐大蛇(ヤマタノオロチ)から奇稲田姫(クシナダヒメ)を守った聖地として、また、ヤマタノオロチを打ち倒した後には、日本初の婚姻の儀を行った聖地で最古の「縁結びの神社」として、全国的に有名。

2011年12月31日 カテゴリー:@書籍装画・挿絵,古事記外伝
タグ:

真田幸村_大阪城での作戦会議後

後藤又兵衛
連載小説「真田幸村連戦記 華は散れども」(海道龍一朗著;「青春と読書」集英社)、21回目のトビラ絵は再戦(夏の陣)に向けての豊臣軍の評定後、懇談しながら城を後にする真田幸村と後藤又兵衛を描きました。

2011年12月10日 カテゴリー:@書籍装画・挿絵,真田幸村
タグ: , ,

「霧雨 廣瀬淡窓日録」(葉室麟 著)

PHP文蔵「霧雨 廣瀬淡窓日録」(葉室麟 著)、8回目,9回目のトビラ絵。
8回目は日田の三隅川で久しぶりに妻と船遊びをする淡窓、
sumi_kawaasobi
9回目は大塩中斎の学問所に行き、乱に巻き込まれ、逃れてきた元学生に対して、
淡窓が一緒に代官所に申し出ようと諭してる場面を描きました。bukesyakai

2011年11月09日 カテゴリー:@書籍装画・挿絵,広瀬淡窓
タグ: , , ,

「山彦ハヤテ」の装丁と挿絵

 少年ハヤテと、狼の尾ナシ、侍のマサookami hayate1_2 img_1639

時代小説、「山彦ハヤテ」(米村圭伍著/新潮社)の装丁と各章の挿絵4点を担当。 10/1発売。装丁では、主人公の山育ちの少年ハヤテと、狼の尾ナシが、山中で助けたお侍;マサの危機に立ち向かって行くぞっっという感じを出してみました。

2011年10月01日 カテゴリー:@書籍装画・挿絵,山彦ハヤテ
タグ: , , , , ,

真田幸村_冬の陣;開戦

yukimura
連載小説「真田幸村連戦記 華は散れども」(海道龍一朗著;「青春と読書」集英社)、18回目のトビラ絵は大阪、冬の陣の開戦の様子を描きました。真田丸での攻防が功を奏し、徳川群に大きなダメージを与えました。絵は幸村が敵群に向かって、部下を率いて出てゆく場面。柵の向こうに敵軍の軍勢が見えます。

2011年09月08日 カテゴリー:@書籍装画・挿絵,真田幸村
タグ: , , ,

時代小説 赤刃 辻斬り 老人 イラスト 

img_0711
「小説現代」2011年8月号(講談社)より、長編新人賞の小説「赤刃」(長浦京 著)の挿絵です。新聞広告にも掲載。時代小説 辻斬り 老人 イラスト
  edo_kajisekitounewsp

2011年07月21日 カテゴリー:@書籍装画・挿絵,その他
タグ: , ,

廣瀬淡窓_時代小説イラスト 娘

葉室麟「霧雨 廣瀬淡窓日録」( 「文蔵」2011年4月号/PHP)より連載の挿絵です。

musume samurai_katana tan00_2

2011年05月24日 カテゴリー:@書籍装画・挿絵,広瀬淡窓
タグ: , ,

真田幸村_真田丸での槍訓練

「青春と読書」2010年4月号(集英社)より連載小説「真田幸村連戦記 華は散れども」(海道龍一朗 著)の挿絵です。現在までの号と最新号のイラスト。
真田丸での槍訓練。
真田丸
徳川軍が峠を越えて、大阪に迫る
tokugawagun
sanada
犬伏の別れ 真田父子(真田昌幸・幸村(信繁)は西軍に、真田信之は東軍)
犬伏の別れ
大阪城での軍事評定場面
大阪の陣評定
真田幸村 無念の怒り。大阪冬の陣後、堀が埋め立てられる。真田幸村

 

2011年05月24日 カテゴリー:@書籍装画・挿絵,真田幸村
タグ: , ,