chonto
works
information
blog

シューベルト歌曲集「冬の旅」演奏と水墨画

ライブアートコラボレーションの夕べ  5月23日 at 東海大学(湘南)
マーク・キャラハン(バリトン)、藤岡由記(ピアノ)、
渡邊ちょんと(水墨画ライブペイント)
◎ 主催/東海大学教養学部芸術学科音楽学課程
水墨画ライブ
藤岡氏のピアノの音で、シューベルト「冬の旅」の演奏がはじまり
キャラハン氏のとても美しい歌声が響く中、私は1時間に16枚という墨絵ライブを展開させていただきました。「冬の旅」全24曲のうち、16曲を抜粋して歌う内容でしたので、描く時間は1枚につき2~4分という短い時間との闘い。それぞれの楽曲の詩の情景を水墨画で表現。しかも打ち合わせなしの即興ライブ、とてもエキサイティングなライブペイントとなりました。
ご来場してくださったお客様、本当にどうもありがとうございました。
墨絵ライブペイント

マーク・キャラハン氏 marc callahan は米国のバリトン歌手でノースカロライナ大学の准教授。米国はもとより仏国など各地でも活躍。また美術家達とのライヴコラボレーションを各所で意欲的に試みています。
ピアニストの藤岡由記氏は日本、ヨーロッパで演奏活動を行っており仏語も堪能。東海大学では講師もされてる、才色兼備な女性。
また、キャラハン氏の友人、エイドリアン・サープルさんも来場。レミゼラブル公演(帝劇で5月25日~7月17日)の演出家です。
3

ご尽力いただいた東海大学の二宮先生をはじめ音楽の諸先生方、当日タイムキーパーの大学院生様、そして学生の皆様、大変お世話になりました。ありがとうございます!!
また本番でのアシスタントのほか、通訳、準備、写真、かたづけまで活躍してくれた渋谷さんに心より感謝。

2017年05月25日 カテゴリー:@live_ライブペイント,結果報告