chonto
works
information
blog

農村の風景

農村で検地を行う荻原重秀
検地
農村で聞き込み。行商の姿をした信次郎
農村

2015年02月19日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,y御用船帰還せず
タグ: , , ,

佐渡の風景

元禄時代、荻原重秀は佐渡金山再生のため、佐渡奉行に任命され渡海。
棚田と金北山
棚田と金北山
[続きを読む]

2015年02月18日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,y御用船帰還せず
タグ: , , , , ,

くノ一忍者

くの一女忍者与力

2015年02月14日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,y御用船帰還せず
タグ:

馬のいる景色

街道を馬で走る馬 駆ける
[続きを読む]

2015年02月12日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,y御用船帰還せず
タグ: , , ,

可児才蔵_わが槍に捧ぐ

連載小説「わが槍を捧ぐ」(鈴木英治著;学芸通信社)が福島新聞、神奈川新聞など地方新聞にて2012-2013年に掲載され、その挿絵を水墨画の渡邊ちょんとが担当させていただきました。安土桃山時代、槍の使い手で名をはせた戦国武将、可児才蔵(かにさいぞう)が主人公の時代小説です。

sengoku_b1
笹の才蔵という異名をもつ戦国武将。美濃可児郡に生まれ
斎藤龍興、明智光秀、柴田勝家、羽柴秀次、そして福島正則に仕えました。
関ヶ原本戦では敵兵の首を数多く取り、家康から賞賛されたといいます。
a2
才蔵の若武者時代 美濃の斎藤龍興の家臣となる。a4
稲葉城は山城、裾野には城下町が広がっていた。
[続きを読む]

2013年04月05日 カテゴリー:@n新聞小説挿絵,z我が槍を捧ぐ
タグ: , ,

戦国時代 城 武将 馬 可児才蔵

戦国時代 城
城 戦国時代
戦国武将 甲冑 馬 旗戦国武将 甲冑 馬
戦国武将 甲冑 槍 可児才蔵
a91

2013年04月02日 カテゴリー:z我が槍を捧ぐ